鬱・パニック障害エンジニアの真実

木こりになりたいエンジニア

うつ病とパニック障害で退職したSEの日常への復活

【パニックないけど体調不良】 ニトラゼパム 1.25mg 6日目 抗うつ剤減薬(予備期)98日目 in ベトナム

 

こんばんメンタル。鬱とパニック障害で闘病中の @小澤啓八 です

抗うつ剤減薬(予備期)日記です

続きを読む

【ギリギリセーフ】 ニトラゼパム 1.25mg 5日目 抗うつ剤減薬(予備期)97日目 in ベトナム

f:id:nenenenonen:20190421070553j:plain

こんばんメンタル。鬱とパニック障害で闘病中の @小澤啓八 です

抗うつ剤減薬(予備期)日記です

続きを読む

【睡眠浅くなってきた】 ニトラゼパム 1.25mg 4日目 抗うつ剤減薬(予備期)96日目 in ベトナム

 

こんばんメンタル。鬱とパニック障害で闘病中の @小澤啓八 です

抗うつ剤減薬(予備期)日記です

続きを読む

【今んとこ順調みたい】 ニトラゼパム 1.25mg 3日目 抗うつ剤減薬(予備期)95日目 in ベトナム

 

こんばんメンタル。鬱とパニック障害で闘病中の @小澤啓八 です

抗うつ剤減薬(予備期)日記です

続きを読む

ANAしか乗ったことない人間がベトジェットに乗ってみた感想

f:id:nenenenonen:20190418094600p:plain

初めて国際線LCCを利用しましたので10年以上大手航空会社しか使わなかった人間の視点で感想を述べていきます

 

チェックイン

LCCが集まる成田第3ターミナルではなく第2ターミナルではあるけれどチェックインカウンターは大広場ではなく建物外に作られてた仮設住宅(?)のような場所で行います

空港内に比べるとほんのちょっとだけ寒かったです

 

チェックインは待ち人数に対してやけに時間がかかります

大手航空会社(レガシー)に慣れているとここで違和感をまず感じます

原因を見るに

  • お客さんにベトナム人が多い
  • ベトナム人客は英語も日本語も不自由なケースが多い
  • LCCの手荷物重量規定を理解せずに大量の荷物を持って来ている
  • ベトジェット スタッフはベトナム語を話せない(英語はいける)

これらが重なって荷物の重量オーバー料金を払わないといけないのに意思疎通が出来ずに時間がかかっているように見えました

レガシーだと手荷物30キロ程度は料金に含まれているので重量オーバーの問題が起きないのでスムーズだったのでしょう

 

わたしの場合は持ち込み荷物のみだったので5分もかからずチェックインが終わりました。これは大手航空会社と遜色ありません

 

結局待ち人数30人未満で1時間ちょっと待ちました

ANAだったら30分でしょう

 

手荷物審査〜出国審査まで

第2ターミナルなので大手空港と同じ施設が使えます

お土産やレストランなどの店舗が充実しているので出国までの待ち時間は過ごしやすいです

 

搭乗ゲート

距離

LCC専用(?)の端っこの方まで行くので結構距離があります

たどり着くのに出国審査終わってから10分は見積もっていくといいでしょう

 

電源

電源スタンドが60席に一つ、充電スタンドには6つのUSBポートがあります

空いてる時しか使えないと思っていた方がいいです

 

居心地

大手航空会社の搭乗待ちと特に遜色ありません

椅子も安っぽいこともなかったです

電源だけ各席に付いてると嬉しいなあ、くらい

 

搭乗〜離陸

搭乗開始5分前から行列ができるが時間が過ぎても搭乗が始まらず 10分過ぎても始まらず

11分過ぎたところで機材到着の遅れのアナウンスがあるが明確な搭乗開始時刻は伝えられず。。。

 

元々の搭乗開始時刻から20分が過ぎて機長をはじめとした機内スタッフが乗り込み開始(機長は欧米人でした)

「機材遅れ」って「スタッフ遅れ」だったの??と思っていたら25分過ぎで再び「機材遅れ」アナウンスで明確な搭乗開始は告げられず

 

30分遅れでようやく搭乗開始(予想はしてたけどね)

 

飛行機へは沖止めのバス移動でなく空港施設から直接乗り込めましたが、なぜか乗るまでに行列が出来る。。大手航空会社だとないと思う

 

機内の様子

シート

シートだけ上位に指定したのですが、170cm足短めの人間が乗って膝と前の席が指二本半くらいの間でした

体重91キロ、ウエスト110cmでも幅は余裕があったので、幅に関してはANAより良かったです

f:id:nenenenonen:20190418211212j:plain

 

トイレ

トイレは前に1つ、後ろに3つ

前のトイレは機長も普通に使ってました

また、前のトイレがあるスペースはカーテンで区切られていて、誰かがトイレにいる時や機長たちが使っている時はカーテンの外で待つことになります

後ろのトイレは普通に近くに立って待つ感じ

 

スタッフ

スタッフのサービスレベルは大手のものは期待しちゃダメです

日本国内の春秋航空よりさらにラフで、愛想ない気味の東南アジアの店員さんて感じです

別に悪くないし困ることはないけど、品を感じる所作を絶対的に求める人は向いてないです

 

フライト時間

これが困りました

今どの辺りにいるか、到着予定時刻は全くわかりません

共通モニタもなし

離陸後のアナウンスもなし

 

2時間くらいのフライトなら気にならないでしょう

今どのへんにいるのか、到着まで何分か気になる人は避けた方がよいです

実際に遅延に遅延を重ねて何時に成田を出たかわからなくなりました

 

1時間以下の単位で残り時間を知りたい人は避けた方が無難です

毎回寝て起きたら到着してる人にはオススメです

 

機内販売で円は使える

機内で日本円は使えますがお釣りはありません

なのでランチセットとドリンク、お菓子2つを1000円で購入しました

 

100円ショップの小袋みたいなのにお釣りが入っていてベトナムドンがあるのは確認済みです

 

その他

個別モニタは当然なし、USB充電もありません

スマホで動画見るならモバイルバッテリー持ち込むべしです

 

揺れはちょいちょいありましたが大手と変わらないと思います

安定時は大手より静か!

 

ゴミ回収は時々袋持ったスタッフが通路を通りますがスタッフからゴミを積極的にかたすことはたまにしかないです

高速バスだと思えばよいでしょう

 

気流の悪い時に日本語アナウンスが流れましたが、スタッフがパネル操作してるのが見えたので録音流してるだけで日本語話せるスタッフはいないようです

 

隣の女性が何か頼んだら薬箱からなにがしかの薬と水渡してたので緊急セットはあるみたい 

 

着陸〜入国ゲート

チケット予約時の到着予定時刻から2時間35分遅れて着陸

着陸は安定した着陸でした

ハノイに到着後はバスで空港施設まで移動

空港施設に入ることが到着とするなら3時間遅れでした

 

まとめ

同時期のベトナム航空より4万円安かったのですが、その価値は十分にあると感じました

ただ、遅延はあると思っていた方がいいので数時間の乗り継ぎは避けた方がいいでしょう

 

不安な点は随所に見られるコストカットが安全面にどう影響与えているか

これに関しては見えないし見たところで素人にはわからないので「気にするか気にしないか」の二択になります

 

歴史的に見て大手の航空会社でも墜落はしてるので気持ち次第かな〜と

 

おまけ

ベトジェット 関係あるかわからないのですが、飛行時間4時間を超えたあたりで腕とお腹に急激に蕁麻疹が!!!

 

f:id:nenenenonen:20190419072710j:plain

f:id:nenenenonen:20190419072745j:plain

 

飛行機降りてから花粉症の薬(抗ヒスタミン)を飲んだら落ち着いてきて夜にはほぼ落ち着いたものの、次は足に出てきて一晩寝てようやく落ち着きました

 

食べ物にアレルギーなかったのでグレーなのですが、蕁麻疹が出たタイミングと治る速さ的に機内食が怪しい...

コストカットのために日本ではあり得ない量の添加物入ってたんじゃないかと....