パニック障害エンジニアの真実

木こりになりたいエンジニア

パニック障害で退職したSEの日常への復活

【離脱がきつい】 フルニトラゼパム 0mg 2日目 抗うつ剤減薬(予備期)124日目

 

こんばんメンタル。鬱とパニック障害で闘病中の @小澤啓八 です

 

飲んでるお薬

抗うつ剤

睡眠薬

 

前日から夕方までの状況

前日  

23時に床に入って寝たのは0時半くらい

2, 0.5, 0.5で3時間で目が覚めてしまった

 

今日 

さすがに睡眠時間がまずそうだったので居候先から会津の実家に緊急帰宅

移動中15分くらいウトウトしてた

時間がのんびりしてる会津 + 自分のベッドで多少マシになると期待

 

正午過ぎに昼寝を試みたら2時間くらい寝れた

20分目をつぶってると頭の緊張状態が解けて30分〜40分で寝れるっぽい

夜だと寝るのに昼より時間がかかるのが不思議なとこ

 

所感  

ニトラゼパム2.5mg → 0mg にした時が5日目の夜に3時間しか寝れなかったので今回も睡眠薬断薬による離脱なのでしょう

ニトラゼパムサイレース)の半減期的に1週間〜2週間で好転するはずなのでそれを信じて耐えるのみ

隔日法の減薬にして2日に1回投薬という手もあるのですが副作用の気持ち悪さが嫌だし、幸いにして無職で実家住みなら何かに追われることもないので日中横になってこの波をやり過ごそうと思います

 

ニトラゼパムの時もトリプタノールの時も感じましたが薬の量を100→25にするより、25→0にする方が大変ですね。先の二つに比べてフルニトラゼパムは依存性が強く乱用楽物ランキング2位に輝く薬なので、ある程度は覚悟済みでしたが離脱はやはり来ました

 

じっと嵐が過ぎるのを待つのみ

 

傍目にはいい歳したおっさんが一日中ゴロゴロしてるようにしか見えないのが辛いところ